米寿記念 ー秋の章ー 高橋真琴展 真琴の「物語絵のおひめさま」松坂屋名古屋店

米寿記念 ー秋の章ー 高橋真琴展 真琴の「物語絵のおひめさま」松坂屋名古屋店

名称:米寿記念 ー秋の章ー 高橋真琴展 真琴の「物語絵のおひめさま」松坂屋名古屋店
会期:2022年10月26日(水)→11月1日(火)
会場:本館8階 美術画廊 第一・第二画廊 最終日は16時閉廊
住所:〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号
TEL: 052-251-1111
URL: 松坂屋名古屋店

1960年代から「少女画」を描き続け、米寿を迎えた現在も現役で精力的に制作を続ける画家・高橋真琴氏の米寿を記念する展覧会を開催いたします。
今展では、作家のライフワークでもあり、大人気の物語のヒロインの作品を特集いたします。本会場先行販売の作品も登場します。お見逃しなく、ご覧くださいませ。1934年 大阪に生まれる。
貸本漫画デビュー後、雑誌『少女』にカラー連載「あらしをこえて」などを発表する。以後、『なかよし』や『マーガレット』などの少女雑誌の表紙や口絵、挿絵を描くほか、ハンカチなどの布製品、スケッチブックや筆箱などの文房具、自転車に至るまで数多くの商品に作品を提供。瞳に星、花やリボンに彩られた「MACOTOの少女」が一世を風靡する。
1992年から現在まで定期的に新作個展を開催し、精力的に作品を発表している。近年は、アパレルブランド「コム デ ギャルソン」や「アナ スイ」などからの依頼で、コレクションに少女絵が起用され、大きな話題となる。
2022年現在、愛にあふれた唯一無二の世界を幅広い世代に伝えながら、千葉県佐倉市のアトリエで、意欲的に創作を続けている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る