「民具のデザイン図鑑—くらしの道具から読み解く造形の発想」武蔵野美術大学 美術館・図書館

「民具のデザイン図鑑—くらしの道具から読み解く造形の発想」武蔵野美術大学 美術館・図書館

名称:「民具のデザイン図鑑—くらしの道具から読み解く造形の発想」武蔵野美術大学 美術館・図書館
会期:2022年10月24日(月)-2022年11月20日(日)、
2022年12月5日(月)-2022年12月24日(土)
時間:11:00 – 19:00(土・日曜日、祝日、10月28日(金)は 10:00 – 17:00)
休館日:水曜日
入館料:無料
会場:13号館2F民俗資料室ギャラリー、美術館展示室1
主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
協力:武蔵野美術大学共同研究「美術大学における民俗資料の活用をめぐる基礎的研究」
監修:加藤幸治(武蔵野美術大学 教養文化・学芸員課程教授)
住所:東京都小平市小川町1-736
TEL:042-342-6003
URL:武蔵野美術大学 美術館・図書館

「民具のデザイン図鑑—くらしの道具から読み解く造形の発想」武蔵野美術大学 美術館・図書館
「民具のデザイン図鑑—くらしの道具から読み解く造形の発想」武蔵野美術大学 美術館・図書館

本展は、当館所蔵の民俗資料コレクションによって編集した書籍『民具のデザイン図鑑』(誠文堂新光社、2022年10月12日発売)をもとにした展覧会です。民具は、特定の設計者が考案するのではなく、人々の暮らしの現場において理にかなった造形として生み出されます。そして生活が変化するのにともない、その造形も常に変化してきました。そうした民具に対して、次の三つの視点を設定します。
① 日常的な労働や身の丈にあった生活に即した造形〈かたちと身体性〉
② デフォルメされた造形が意味を生み出し、共有する造形〈ユーモアと図案〉
③ 自然に宿る精霊や神仏を表現し、その霊性を暗示する造形〈見立てと表象〉
民具は、現代から見れば過去の庶民生活を知ることのできる民俗資料ですが、上記の見方でその造形を考えることで、わたしたちの生活や自然観、世界観と地続きなものとして再考することができます。本展では、民具が持つ豊かな造形の発想に新たな価値を見いだし、ユーモアと見立ての造形にまなぶことで、美術大学における民俗資料の可能性を考える機会としたいと思います。(展示資料約50点)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る