「山上學 陶展」阪神梅田本店

「香炉」 (直径7×高さ6cm、箱なし)

名称:「山上學 陶展」阪神梅田本店
会期:2022年11月16日(水)~22日(火)※最終日は午後5時終了
時間:10時〜20時
会場:8階:ハローカルチャー1
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL: 06-6345-1201
URL:阪神梅田本店

「カップ&ソーサー」 (直径13×高さ10cm、箱なし)
「カップ&ソーサー」 (直径13×高さ10cm、箱なし)

自分の作品のテクスチャには沖縄の素材を使いたいと思っているが、なかでも珊瑚と貝の造形はインスピレーションを刺激されるといいます。「海で珊瑚を拾うと、決して同じものはなく、すべてに表情がある」「珊瑚が呼吸したり、産卵したりという情景もコンセプト」と語る作家が、キャンバスに描くだけでない、遊び心を日々使えるものとして工芸品にしたという作品の数々をご紹介します。
◎作家全日在廊予定
※都合により変更となる場合がございます。

「変形皿」 (15×20×4cm、箱なし)
「変形皿」 (15×20×4cm、箱なし)
「ミニカラカラ」 (7×10×11cm、箱なし)
「ミニカラカラ」 (7×10×11cm、箱なし)
「香炉」 (直径7×高さ6cm、箱なし)
「香炉」 (直径7×高さ6cm、箱なし)

PROFILE 山上學
1959年大阪府生まれ。京都で陶芸と版画を学び、1989年栃木県茂木町に「螢窯」築窯。2004年には沖縄県本島北部の大宜味村へ移住。現在は展示会を中心とした工芸・美術活動を東京・大阪など全国各地で開催する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る