「フィンランド・グラスアート 輝きと彩りのモダンデザイン」富山市ガラス美術館

「フィンランド・グラスアート 輝きと彩りのモダンデザイン」富山市ガラス美術館

名称:「フィンランド・グラスアート 輝きと彩りのモダンデザイン」富山市ガラス美術館
会期:2022年11月3日(木・祝)〜2023年1月29日(日)
会場:富山市ガラス美術館
展示室:富山市ガラス美術館 2・3階 展示室1-3
時間:9:30〜18:00 金・土曜日は午後8時まで
   (入場は閉館の30分前まで)
休館日:第1・3水曜日 年末年始 12月29日~1月1日
観覧料:一般 1,500円 (1,300円)
   大学生 1,300円(1,100円)
   前売券取扱い 一般1,300円のみ
   ※「ムーミンの食卓とコンヴィヴィアル展」との共通観覧券
   ※( )内は20名以上の団体
   ※高校生以下無料
   ※本展観覧券で常設展も観覧できます
主催:富山市ガラス美術館
共催:S2株式会社
特別協力:コレクション・カッコネン
協賛:フィンエアー、フィンエアーカーゴ、イッタラ
後援:フィンランド大使館、フィンランドセンター、北日本新聞社、富山新聞社、北日本放送、
富山テレビ放送、チューリップテレビ
住所:〒930-0062富山県富山市西町5-1
TEL:076-461-3100
URL:富山市ガラス美術館

ティモ・サルパネヴァ《カヤック [3867]》1954年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin
ティモ・サルパネヴァ《カヤック [3867]》1954年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin

機能性とともに洗練された美しさを誇る北欧フィンランドの家具や陶器、ガラスなどのプロダクトは、21世紀の日本の暮らしにも大いに取り入れられ、私たちの生活に心地よい調和と潤いを与えてくれます。
1917年、大国ロシアから独立したフィンランドでは、ナショナリズムが高まるなか、新しい国づくりと国民のアイデンティティを取り戻すため、様々な側面でモダニズムが推し進められました。ガラスも例外ではありません。1930年代、ミラノ・トリエンナーレや万国博覧会など、国際展示会を見込んだ国内コンペティションが開催されるようになると、第二次世界大戦後、国家の復興をかけてそのチャンスは増加し、国際舞台への切符を求めて、若きデザイナーたちが鎬(しのぎ)を削っていったのです。そして1950年代、フィンランドの風土を反映したグラスアートは国際的な名声を博し、世界のデザイン界にその存在を顕示していきました。
本展は、1930年代から今に至る、8名のデザイナーと作家の作品約140件によって、フィンランド・グラスアートの系譜を辿ります。フィンランドでは、デザイナーが手がけたガラス製品の中でも、芸術的志向の高いプロダクトを「アートグラス」と呼びました。本展では、彼らが自ら「アートグラス」の名のもとにデザインし、職人との協働作業によって制作した作品に着目します。それぞれの表現者たちが、いかにガラスという素材と対峙し、探究し、創作の可能性を押し広げていったのか ― 各時代、各作家たちのガラスへの信条と挑戦、そしてプライベートな想いを垣間見ることができる機会です。どうぞお楽しみください。

マルック・サロ《缶詰のフラワーパワー》 2009年 コレクション・カッコネン 撮影: Rauno Träskelin
マルック・サロ《缶詰のフラワーパワー》 2009年 コレクション・カッコネン 撮影: Rauno Träskelin
グンネル・ニューマン《ストリーマー [GN18]》1947年 コレクション・カッコネン 撮影:Rauno Träskelin
グンネル・ニューマン《ストリーマー [GN18]》1947年 コレクション・カッコネン 撮影:Rauno Träskelin
カイ・フランク《アートグラス、ユニークピース》 1966年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin
カイ・フランク《アートグラス、ユニークピース》 1966年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin
ヨーナス・ラークソ《リコリスみたい》 2012年、 2013年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin
ヨーナス・ラークソ《リコリスみたい》 2012年、 2013年 コレクション・カッコネン、撮影:Rauno Träskelin

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る