「第4回 加藤 亮太郎 作陶展」日本橋高島屋S.C.(本館)

織部茶盌 高さ8.2×径12.5cm

名称:「第4回 加藤 亮太郎 作陶展」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2022年11月16日(水)→21日(月)
会場:本館6階 美術画廊
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310 本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

加藤氏は1974年、美濃・多治見の名窯、幸兵衛窯に生まれ、京都市立芸術大学大学院陶磁器専攻を修了、主に立体造形に取り組んできました。
家業の幸兵衛窯に戻り作陶活動を本格的にスタートすると、伝統に正面から立ち向かい、穴窯焼成の志野・引出黒を中心とした桃山陶に邁進し、特に茶盌の制作に注力し、制作を続けております。
今展では、様々な表情を見せる織部や多彩な志野をはじめ、椿手、さび黒など、独創性の高い作品を発表いたします。
茶盌を中心に、皿や酒呑などの新作を一堂に展観する今展をぜひご高覧ください。

織部茶盌 高さ8.2×径12.5cm
織部茶盌 高さ8.2×径12.5cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る