特別展「冬の輝き―美人画と押絵羽子板―」鎌倉市鏑木清方記念美術館

特別展「冬の輝き―美人画と押絵羽子板―」鎌倉市鏑木清方記念美術館

名称:特別展「冬の輝き―美人画と押絵羽子板―」鎌倉市鏑木清方記念美術館
会期:2022年12月2日(金)~2023年1月9日(月・祝)
開館時間:午前9時00分~午後5時00分 (最終入館は午後4時30分まで)
   ※団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
休館日:毎週月曜日≪1月9日(月・祝)は開館≫、12月29日(木)~1月3日(火)
観覧料:一般 300円、小・中学生 150円
住所:〒248-0005神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
TEL:0467-23-6405
URL:鎌倉市鏑木清方記念美術館

 鏑木清方は随筆で「冬をさう厭はしく思ふことはなかった。第一好きな雪が降る。」
(『鏑木清方文集四 春夏秋冬』)とつづり、落ち葉焚きや小雪の舞う黒田川など凛とした冬の美しさを好んで描きました。また、年の暮れから新年の賑わう街と人々の様子にも趣を感じ、古きよき新春の風景も作品や口絵に描きました。
 本展覧会では、冬景色に取材した作品とともに、名押絵師・永井周山が清方作品を意匠化した押絵羽子板「明治風俗十二ケ月」をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る