「北国の叙情─髙野元孝油絵展」山形美術館

「北国の叙情─髙野元孝油絵展」山形美術館

名称:「北国の叙情─髙野元孝油絵展」山形美術館
会期:2022年11月3日(木祝)─20日(日)
会場:山形美術館 2階
開館時間:午前10:00〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
休館日:11月7日(月)、14日(月)
入館料:一般1,000円、高大生600円、小中生400円
   (同時開催の「日本画家・高嶋祥光─誰か知る心の花を」、および1階の展示[長谷川コレクション、吉野石膏コレクション]をご覧いただけます)
   ※20名以上の団体料金は当日料金の各2割引
   ※会期中の土・日曜日の午前は中学生以下の観覧料無料
   ※障がい者手帳をご提示の方と付添者1名は当日料金の半額
   ※山形美術館キャンパスメンバーズ制度登録校の学生は学生証の提示により無料
主催:山形美術館、山形新聞、山形放送、山形県
共催:公益財団法人山形県生涯学習文化財団
後援:山形市
住所:〒990-0046山形県山形市大手町1-63
TEL:023-622-3090
URL:山形美術館

《海峡(大間)》2013
《海峡(大間)》2013

洋画家・髙野元孝(1940年生まれ)は、東北の無垢の自然に惹かれ、40年にわたり北国の冬をダイナミックなタッチで描き続けています。特に厳冬の風景とそこに生活する人々を捉えた作品には、容赦のない自然の中で逞しく生きる人間への髙野の温かなまなざしが感じられます。
本展は髙野元孝が描く東北の冬景色を中心に展示し、北国の自然の魅力を紹介します。ぜひご覧ください。

《津軽》
《津軽》
《家路》2016
《家路》2016
《北の駅(青森)》2015
《北の駅(青森)》2015
《シグナル》1989
《シグナル》1989

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

山形美術館

ページ上部へ戻る