「あの優しい時間へ‐軽井沢の草花を描く 橋本不二子 作品展」札幌三越

作品名:バラ‐Etemelle‐とマーガレット 技法:水彩 額装サイズ:58×65cm

名称:「あの優しい時間へ‐軽井沢の草花を描く 橋本不二子 作品展」札幌三越
会期:2022年12月6日(火) ~ 2022年12月19日(月)
場所:本館9階 三越ギャラリー(Bギャラリー)※最終日は午後4時終了
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

軽井沢のいきいきとした野の草花を描く水彩画家、橋本不二子氏。橋本氏は絵を描きはじめた頃から、無機質な空間よりも植物が身近に感じる暮らしの提案を、そして絵画を通して、観るひとの心を豊かにすることに情熱を傾けてきました。本展は、水彩画、版画作品のほか、人気のカレンダーやポストカード、ダイヤリーなどのオリジナルのアートグッズを一堂に展示・販売いたします。色鮮やかな緑や色とりどりの花々の作品が、まるでお庭にいるかのような空間へと誘います。
橋本不二子《水彩画家》(Fujico Hashimoto)
【略歴】
1935年 神奈川県生まれ 文化学院美術科卒業
    チューリッヒ応用美術学校グラフィック科にてミューラーブロックマンに師事
グラフィックデザイナーとして活動
1989年~水彩画を描き始め、現在 軽井沢で創作
作品のテーマは、樹や草花が持っている“気”や そのグリーンと見事に調和する花々の多様な色彩の美しさを表現することです。

作品名:バラ‐Etemelle‐とマーガレット 技法:水彩 額装サイズ:58×65cm
作品名:バラ‐Etemelle‐とマーガレット 技法:水彩 額装サイズ:58×65cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る