「漱石と幾多郎―ふたりを慕う人々」石川県西田幾多郎記念哲学館

「漱石と幾多郎―ふたりを慕う人々」石川県西田幾多郎記念哲学館

名称:「漱石と幾多郎―ふたりを慕う人々」石川県西田幾多郎記念哲学館
会期:2022年9月28日〜2023年3月26日
会場:石川県西田幾多郎記念哲学館
入場料:一般 300円(20人以上は団体料金250円)
   高齢者(65歳以上) 200円
   高校生以下 無 料
   障害者手帳をお持ちの方およびその介助者(一人)無料
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日<祝日の場合は翌平日> 年末年始<12月29日~1月3日>・展示品の入替期間・メンテナンス期間
住所:〒929-1126石川県かほく市内日角井1
TEL:076-283-6600
URL:石川県西田幾多郎記念哲学館

「漱石と幾多郎―ふたりを慕う人々」石川県西田幾多郎記念哲学館
「漱石と幾多郎―ふたりを慕う人々」石川県西田幾多郎記念哲学館

文豪・夏目漱石と哲学者・西田幾多郎。漱石が三歳年長で、ともに帝国大学文科大学で同時期に学んでいます。ただし、幾多郎は高等学校を中退したため哲学科の「選科生」で、漱石は英文科の本科生でした。同じドイツ語の授業を受けるなどしていたものの、当時の彼らに交流のあとはみえません。その後もふたりに表立った行き来はありませんが、不思議なほど、ふたりを慕う人物には重なるものがあります。
漱石と幾多郎の人間的魅力に惹かれ、ふたりと交流した、共通する人々を紹介します。
(公式HPより)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る