Jackie Lam a.k.a. 009 「光 〜Light〜」FOAM CONTEMPORARY

Jackie Lam a.k.a. 009 「光 〜Light〜」FOAM CONTEMPORARY

名称:Jackie Lam a.k.a. 009 「光 〜Light〜」FOAM CONTEMPORARY
会期:2022年11月26日(土)~2022年12月7日(水)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:月曜日
オープニングパーティー:2022年11月25日(金) 17:00 から 20:00 まで
入場料:無料
会場:FOAM CONTEMPORARY
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1
URL:FOAM CONTEMPORARY 

Jackie Lam a.k.a. 009は、哲学や心理学をテーマにしながら、特定の環境や場所を頻繁に描写し、独特の国際色豊かなスタイルで現実と幻想の間の対話に取り組むアーティストです。香港、台湾、日本などアジア圏を中心に精力的に活動を続けています。
彼の漫画への愛情は、数多くの人気作品を生み出した日本を代表する漫画家・石ノ森章太郎の漫画シリーズ「サイボーグ009」へのオマージュであるアーティストネーム「009」にも表れています。 日本のマンガやコミック、ヨーロッパのモダニズム運動からインスピレーションを受け、様々な手法を駆使して感情豊かなビジュアルを生み出し、鮮やかで生き生きとした作品に仕上げています。彼の作品には独特の温かみがあり、愛らしく、親しみやすく、多くの人を魅了しています。
「光 〜Light〜」と題された本展には、作家自身の悩み、葛藤をテーマとしたシリーズ「Galaxy Exhibition」の「The End is Another Beginning」、「Space Time of Love 」、「Life like a Galaxy Railway」が終わりを迎え、明るい未来への幕開けとなるようにとの想いが込められています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る