特別展「人形作り いろはの“い”~後世に伝えたい桐塑の技~」さいたま市岩槻人形博物館

特別展「人形作り いろはの“い”~後世に伝えたい桐塑の技~」さいたま市岩槻人形博物館

名称:特別展「人形作り いろはの“い”~後世に伝えたい桐塑の技~」さいたま市岩槻人形博物館
会期:2022年9月23日(金)~2022年12月4日(日)
開催時間:午前9時~午後5時 ※ 入館は閉館時刻の30分前まで
観覧料:一般/400円(250円)、高校生・大学生・65歳以上/200円(150円)、小学生・中学生/150円(50円)
   ※ ( )内は20名以上の団体料金。
   ※ 障害者手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は半額になります。
   ※ 特別展の観覧券で常設展示室もご覧いただけます。
会場:さいたま市岩槻人形博物館 展示室3
休館日:月曜日 ※ 10月10日(月・祝)は開館
住所:〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1-1
TEL:048-749-0222
URL:さいたま市岩槻人形博物館

私たちにとって身近な存在である人形。しかし、その作り方はあまり知られていないのではないでしょうか。人形の種類や時代によっても技法は素材あり、とても奥深いものです。
さいたま市岩槻区は日本有数の人形産地として知られ、伝統的な製作技法である桐塑の技が受け継がれてきました。本展では、人形作りをテーマとする展覧会の第一弾として桐塑頭を紹介し、人形に欠かせない材料に関するワークショップも開催します。見て知って触って!どうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る