アール・ブリュット ゼン&ナウ Vol.2「Echo こだま返る風景」東京都渋谷公園通りギャラリー

アール・ブリュット ゼン&ナウ Vol.2「Echo こだま返る風景」東京都渋谷公園通りギャラリー

名称:アール・ブリュット ゼン&ナウ Vol.2「Echo こだま返る風景」東京都渋谷公園通りギャラリー
会期:2023年1月21日(土)〜4月9日(日)
開館時間:11:00~19:00
料金:入場無料
休館日:月曜日
会場:東京都渋谷公園通りギャラリー
住所:東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F
URL:東京都渋谷公園通りギャラリー

古久保憲満《無題》
2001-2007年頃 作家蔵
撮影:大西暢夫 提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
古久保憲満《無題》 2001-2007年頃 作家蔵 撮影:大西暢夫 提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

「アール・ブリュット ゼン&ナウ」は、国内外のアール・ブリュットの動向において、長く活躍を続ける作家と、近年発表の場を広げつつある作家を、さまざまな角度から紹介する展覧会シリーズです。
2回目にあたる「Echo こだま返る風景」では、建物や家が立ちならぶ街の風景を、独自のまなざしで再構築する作家たちを紹介します。それらの風景は、上空から俯瞰するような構図や天地のない描き方、奇抜な色彩の建物群など、それぞれにユニークな表象がみられます。それらはどれも幻想的な世界観をあわせもち、ここではないどこかを思い描く作者の視線をたどることができます。また、広大に伸びていく遠景と身近にある近景が交錯し、どこまでもつづいていきそうなエネルギーが感じられるでしょう。
作家それぞれがまなざしてきた風景は、現実と想像の、近景と遠景の、自己と他者の、こちらとあちらとのあいだを反響し合うこだまのように、人知れず広がりつづけています。本展が、鑑賞者それぞれとこだまし、ときに騒めき、ときに静かに共鳴する特別な風景との出会いとなれば幸いです。

磯野貴之《でんちゅうでんせん》
2012-2013年 作家蔵
撮影・提供:特定非営利法人障害者アート支援工房COCOPELLI
磯野貴之《でんちゅうでんせん》 2012-2013年 作家蔵 撮影・提供:特定非営利法人障害者アート支援工房COCOPELLI
後藤拓也《いえ》
2013-2021年 風舎とみたか蔵
撮影・提供:風舎とみたか
後藤拓也《いえ》 2013-2021年 風舎とみたか蔵 撮影・提供:風舎とみたか
佐藤慶吾《ホテル》
1998-2005年頃 NPO法人グループ彩 生活工房蔵
撮影・提供:NPO法人グループ彩 生活工房
佐藤慶吾《ホテル》 1998-2005年頃 NPO法人グループ彩 生活工房蔵 撮影・提供:NPO法人グループ彩 生活工房
横溝さやか《SHIBUYA2020》
2017年 嬉々‼CREATIVE蔵
提供:嬉々‼CREATIVE
横溝さやか《SHIBUYA2020》 2017年 嬉々‼CREATIVE蔵 提供:嬉々‼CREATIVE
横溝さやか《SHIBUYA2020》
2017年 嬉々‼CREATIVE蔵
提供:嬉々‼CREATIVE
横溝さやか《SHIBUYA2020》 2017年 嬉々‼CREATIVE蔵 提供:嬉々‼CREATIVE

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る