諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館

諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館

名称:諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館
会期:2022年12月17日(土曜日)~2023年2月26日(日曜日)
休館日:月曜日(1月9日は開館)、12月29日(木曜日)~2023年1月3日(火曜日)、1月10日(火曜日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:府中市美術館2階 企画展示室
観覧料:
   一般 700円(560円)
   高校・大学生 350円(280円)
   小・中学生 150円(120円)
   注記:お支払いは現金のみとなります。
   注記:(  )内は20名以上の団体料金。
住所:〒183-0001東京都府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内
TEL:042-336-3371(ハローダイヤル)
URL:府中市美術館

諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館
諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館

緻密で再現性の高い画風で知られる諏訪敦は、しばしば写実絵画のトップランナーと目されてきました。
しかしその作品を紐解いていくと彼は、「実在する対象を、目に映るとおりに写す」という膠着した写実のジャンル性から脱却し、認識の質を問い直す意欲的な取り組みをしていることが解ります。
諏訪は、亡き人の肖像や過去の歴史的な出来事など、不在の対象を描いた経験値が高い画家です。丹念な調査の実践と過剰ともいえる取材量が特徴で、画家としては珍しい制作スタイルといえるでしょう。彼は眼では捉えきれない題材に肉薄し、新たな視覚像として提示しています。
今回の展覧会では、終戦直後の満州で病死した祖母をテーマにしたプロジェクト《棄民》、コロナ禍のなかで取り組んだ静物画の探求、そして絵画制作を通した像主との関係の永続性を示す作品群を紹介します。
それらの作品からは、「視ること、そして現すこと」を問い続け、絵画制作における認識の意味を拡張しようとする画家の姿が立ち上がってきます。

諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館
諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館
諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館
諏訪敦「眼窩裏の火事」府中市美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る