「鈴木強展」阪神梅田本店

「笑うネコ」 (麻紙に岩絵具・金箔 、F3号)

名称:「鈴木強展」阪神梅田本店
会期:2022年12月28日(水)→2023年1月3日(火)
時間:10時〜20時
会場:8階 ハローカルチャー3 ※催し最終日は午後5時終了
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL: 06-6345-1201
URL:阪神梅田本店

「笑うウサギ」
(紙本彩色、F3号)
「笑うウサギ」 (紙本彩色、F3号)

琳派を継承し、“笑う動物たち”を描く日本画家 鈴木強。「“笑い”とは、受け入れる精神の表れであり、また強さの表情でもあります。“笑う動物たち”の凛としたやさしさに触れていただけましたら幸いです」と鈴木は話します。今展では、2023年の幕開けにふさわしい、“笑う動物たち”の作品を一堂に展観いたします。ぜひこの機会にご高覧ください。
PROFILE 鈴木強
1956年静岡県生まれ。1977年に多摩美術大学美術学部日本画科卒業。1979年に第5回春季創画展初入選 (以降毎年出品)し、1980年には第7回創画展初入選 (以降毎年出品)する。1981年には多摩美術大学大学院に在学中、瀧富士美術賞を受賞。大学院修了後、杉松儀一との日本画二人展や史水画廊での個展など、全国の百貨店やギャラリーにて個展・グループ展に出品し活躍する。

「宝船」
(麻紙に岩絵具・金箔、F20号)
「宝船」 (麻紙に岩絵具・金箔、F20号)
「笑うツルとゾウ」
(麻紙に岩絵具・金箔 、 15号変形 )
「笑うツルとゾウ」 (麻紙に岩絵具・金箔 、 15号変形 )
「笑うウサギ」
(麻紙に岩絵具・金箔、P10号)
「笑うウサギ」 (麻紙に岩絵具・金箔、P10号)
「笑うタコとサーフィンウサギ」
(麻紙に岩絵具・円窓36cm)
「笑うタコとサーフィンウサギ」 (麻紙に岩絵具・円窓36cm)
「笑うフクロウ」
(麻紙に岩絵具・金箔、F3号 )
「笑うフクロウ」 (麻紙に岩絵具・金箔、F3号 )
「笑うネコ」 (麻紙に岩絵具・金箔 、F3号)
「笑うネコ」 (麻紙に岩絵具・金箔 、F3号)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る