「縁起もの ー卯年の春めく作品ー」松花堂庭園・美術館

「縁起もの ー卯年の春めく作品ー」松花堂庭園・美術館

名称:「縁起もの ー卯年の春めく作品ー」松花堂庭園・美術館
会期:2023年1月14日〜2023年2月19日
会場:松花堂美術館
入場料:一般400円、大学生300円、18歳以下無料(大学生を除く)
   庭園との共通券 一般460円、大学生350円
   20名様以上団体割引
開館時間:午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
住所:〒614-8077京都府八幡市八幡女郎花43-1
TEL:075-981-0010
URL:松花堂庭園・美術館
 
令和5年(2023)は、癸卯の年です。このたびの展覧会では、卯年にちなんだ作品に加え、春めく明るい作品を中心にご紹介いたします。十二支の4番目にあたる「卯」は、動物の兎にあてられます。兎は、その跳躍力から「飛躍」、長い耳から「情報をより早く仕入れて成功をおさめる」、子だくさんなところから「子孫繁栄」など、多くの意味合いをもつ縁起物とされます。縁起物として愛される兎にちなみ、新春にふさわしく縁起の良い作品をご紹介いたします。
新しい1年がより良い日々となるように願いながら、新春のひとときをぜひ松花堂美術館でお過ごしください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る