「ようこそドゴン」 京都精華大学ギャラリーTerra-S

「ようこそドゴン」 京都精華大学ギャラリーTerra-S

名称:「ようこそドゴン」 京都精華大学ギャラリーTerra-S
会期:2023年01月06(金) 〜 2023年01月18日(水)
会場:京都精華大学ギャラリー Terra-S
時間:11:00~18:00
休館日:1/8(日)・1/9(月・祝)、1/15(日)
料金:無料
住所:〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
TEL:075-702-5263
URL:京都精華大学ギャラリーTerra-S
 
西アフリカ・マリ共和国に暮らすドゴン族の儀礼の道具、生活用品などを通し、その独自の文化を紹介する展覧会です。
ようこそ、ドゴン展へ!ドゴンが京都へやってきた!
ドゴン族が住む村は、マリ共和国の首都バマコから東へ、ニジェール川沿いにそびえるバンヤガラ断崖とその北へ連なる山々にあります。1989年に世界遺産に登録されたこの地は、絶壁や岩山のお陰で様々な王国・帝国の支配から逃れ、独自の文化を発展させてきました。天文学に関する知識が豊富なドゴンの人々にはそれに由来する数多くの神話が伝えられています。
本展では、地図や写真、そして村のジオラマ模型を通し、ドゴンの暮らすバンヤガラの地を紹介するとともに、代々儀礼のために引き継がれてきた仮面や神具、子どもたちが作った玩具や絵などを展示し、その生活を伝えます。
また、会場では儀礼に使われる御神体「トロ」と共に、村のシャーマンが行う「狐占い」の場を再現するほか、祭事で行われる仮面のダンスの様子を映した貴重な映像資料の上映を行います。
この機会に、ドゴンの世界と文化に触れてみてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る