「ヨシタケシンスケ展かもしれない」福岡市科学館

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」福岡市科学館

名称:「ヨシタケシンスケ展かもしれない」福岡市科学館
会期:2023年5月22日(月)~7月16日(日)
休館日:毎週火曜日
開催時間:9:30~18:00(最終入場17:30)
場所:3階企画展示室
料金:未定
主催:福岡市科学館、西日本新聞社、テレQ(※予定)、西日本新聞イベントサービス、朝日新聞社、白泉社
協力:アリス館、PHP研究所、ブロンズ新社、ポプラ社
グラフィックデザイン:大島依提亜/会場構成:五十嵐瑠衣
住所:〒810-0044福岡県福岡市中央区六本松4-2-1
TEL:092-731-2525
URL:福岡市科学館

絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013年)以降、子どもから大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人々をひきつけています。ヨシタケさんは絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきました。
初の大規模個展となる本展では、作家の発想の源である小さなスケッチや絵本原画、本展のためにヨシタケさんが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上を展示し、作家の「頭のなか」をのぞいてみます。
発想の豊かさに支えられたヨシタケさんの「かもしれない」展示空間を、ぜひご体感ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る