「鶴田一郎 美人画展 -ミューズとの再会-」福岡三越

原画『SKIPPING HEART!』68.0×56.0㎝

名称:「鶴田一郎 美人画展 -ミューズとの再会-」福岡三越
会期:2023年2月15日(水) ~ 2023年2月20日(月) [最終日午後5時終了]
場所:4階 岩田屋三越美術画廊
住所:〒810-8544 福岡市中央区天神2-1-1
TEL:092-724-3111
URL: 福岡三越

版画『弥勒菩薩 福音』

67.0×57.5㎝
版画『弥勒菩薩 福音』 67.0×57.5㎝

このたび、画家・鶴田一郎の個展『鶴田一郎 美人画展 -ミューズとの再会-』を開催いたします。自身が描く美人画に強く影響を受けた琳派や仏画、その琳派や仏画の長い歴史と今現在もその文化が息づく京都。作家活動の集大成のスタートとして福岡から京都に移り住み、絵を描く事、美を創造する事、理想の世界を表現する事、そして、一筆一筆想いを乗せて色を重ねてゆく事、その行為は祈りだと思い、描き続けている鶴田一郎。福岡での開催は10年振りとなります。本展では、美人画を中心に原画・版画をはじめ鶴田一郎の作品約50点を展覧いたします。

鶴田一郎
鶴田一郎

鶴田一郎
1954年熊本県天草市生まれ。幼少期から絵を描くのが好きで、多摩美術大学グラフィックデザイン科に進み、イラストレーターを目指す。プロとして描き始めた頃、西洋文化に影響を受けて写実的な作品を描くが、自分は「日本人である」という意識が芽生え、琳派・仏教美術・浮世絵の「美人絵」等、日本独自の美意識に傾倒。その中でアールデコ等のヨーロッパ的な美しさと日本的な美意識が融合し、たおやかで華やかな「鶴田流美人画」が生まれる。1987年から11年間、ノエビア化粧品広告に起用されCMアートの先駆者として世間を魅了。2014年に活動拠点を京都に移し、新たな技法と創造力を進化させている。半世紀に渡り国内のみならず海外での活動も続けている。

略歴
1954 熊本県本渡市(現・天草市)本渡町広瀬で生まれる
1972 熊本県立天草高等学校卒業
1976 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
2007 福岡三越ギャラリーにて「画業30年展」開催
2019 アジア・ウィーク・ニューヨーク 出展
    ニューヨーク Onishi Galleryにて個展
    Art Miami 30th ANNIVERSARY 出展
2020 PALM BEACH MODERN + CONTENPORARY 2020 AN INTERNATIONAL FAIR 出展
2022 京都・総本山醍醐寺にて醍醐寺霊宝館秋期特別展『鶴田一郎 -ミューズ達の祈り-』開催
原画『Light and Shadow』

112.0×130.0㎝
原画『Light and Shadow』 112.0×130.0㎝
版画『アクアストライプ』

69.8×62.0㎝
版画『アクアストライプ』 69.8×62.0㎝
版画『Beautiful Red』

92.4×79.0㎝
版画『Beautiful Red』 92.4×79.0㎝
原画『SKIPPING HEART!』68.0×56.0㎝
原画『SKIPPING HEART!』68.0×56.0㎝

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る