HIRAKU Project Vol.14 丸山直文「水を蹴る─仙石原─」ポーラ美術館

丸山直文 「新作のためのイメージ」 2022年 Copyright the Artist. Courtesy of ShugoArts.

名称:HIRAKU Project Vol.14 丸山直文「水を蹴る─仙石原─」ポーラ美術館
会期:2023年1月28日(土)~7月2日(日)
会場:ポーラ美術館 1F アトリウム ギャラリー
住所:神奈川県⾜柄下郡箱根町仙⽯原⼩塚⼭1285
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
※会期中無休、ただし悪天候による臨時休館あり
住所:〒250-0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
URL:ポーラ美術館

「HIRAKU Project」は、ポーラ美術振興財団の助成を受けた作家の活動を、現代美術の展示スペース「アトリウム ギャラリー」で紹介する展覧会シリーズだ。その第14回目では、日本の重要なペインターとして活躍する丸山直文を取り上げる。
1964年新潟に生まれた丸山は、1990年代の活動初期より一貫して絵画作品を手がけてきた。丸山は、カンヴァスを立てて描く伝統的な絵画の制作法とは異なり、水を含ませた綿布を床に置いて水平な状態で絵を描く。鮮やかなアクリル絵具を使用し、にじみやぼかしを意図的に取り入れることで、形の境界が曖昧に揺らめく画面を作りあげるのだ。
このように丸山の制作においては、「水」が重要な役割を担っている。しかし、丸山が水を意図的に描き始めたのは近年のことである。「水を蹴る─仙石原─」展では、水面を描いた作品に加えて、箱根・仙石原の地をテーマに、ポーラ美術館を取り囲む豊かな森の取材から生まれた新作も発表する。
なお、本展の会場構成は、丸山と親交の深い建築家・青木淳が担当。丸山の絵画より着想し、重ね合わせた布によるモアレを水面に見立てた会場構成を構想する。

丸山直文 「新作のためのイメージ」 2022年 Copyright the Artist. Courtesy of ShugoArts.
丸山直文 「新作のためのイメージ」 2022年 Copyright the Artist. Courtesy of ShugoArts.

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る