「琵琶湖文化館収蔵品にみる四季」滋賀県立安土城考古博物館

「琵琶湖文化館収蔵品にみる四季」滋賀県立安土城考古博物館

名称:「琵琶湖文化館収蔵品にみる四季」滋賀県立安土城考古博物館
会期:2023年2月4日〜2023年4月2日
会場:滋賀県立安土城考古博物館
入場料:大人600(480)円、高大生360(290)円、小中生無料
   ※障害のある方および県内在住の65歳以上の方は無料です。
   (ただし証明書の提示が必要)
   ※( )内は20名以上の団体料金です。
   ※信長の館休館中のため共通券販売は行っておりません。
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日〈2月6日・13日・20日・27日、3月6日・13日・20日・27日〉
住所:〒521-1311滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678
TEL:0748-46-2424
URL:滋賀県立安土城考古博物館

「琵琶湖文化館収蔵品にみる四季」滋賀県立安土城考古博物館
「琵琶湖文化館収蔵品にみる四季」滋賀県立安土城考古博物館

本展では、琵琶湖文化館収蔵品のなかから、近世絵画を中心にとりあげ、「作品に表現された季節の美しさ」に焦点を当てて紹介します。
いわずもがな日本には春夏秋冬の美しさがあり、古くから絵画や工芸品に表現されてきました。本展を通じて、作品に表現された日本と近江の豊かな四季を感じていただきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る