「コレクション展 かわいい美術」小林古径記念美術館

「コレクション展 かわいい美術」小林古径記念美術館

名称:「コレクション展 かわいい美術」小林古径記念美術館
会期:2023年1月4日〜2023年3月12日
会場:小林古径記念美術館
入場料:一般 510円(410円)
   小学生・中学生、高校生 260円(210円)
   ※幼児及び上越市内の学校に通う小学生・中学生は無料
   ※本展に限り、上越市内の高校生と上越市在住の18歳以下の方は無料
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※年間入館券、市内施設の共通入館券でも入館できます。
開館時間:午前10時~午後4時
   (注)2月11日(土曜日)は「キャンドルナイト」のため午後7時まで延長開館。(荒天、少雪の場合中止)
休館日:月曜日、2月24日(金曜日)
住所:〒943-0835新潟県上越市本城町7-1
TEL:025-523-8680
URL:小林古径記念美術館

「コレクション展 かわいい美術」小林古径記念美術館
「コレクション展 かわいい美術」小林古径記念美術館

私たちの日常にあふれている「かわいい」という言葉。実は奥深くてさまざまな意味を含んでいます。本来は「不憫だ」「気の毒だ」という意味を持った言葉でしたが、時代とともに変化し「愛らしい」の意味に転じます。現代では、「ゆるい」「ゆめ」などの言葉が付され、本来の意味に微妙なニュアンスを加えた言葉に変化しています。
本展では、「高校生キュレーター」として半年間展覧会の企画・準備に関わってきた高校生10人が当館コレクションの中から作品をセレクトし、展示します。
彼らの感覚で選んだかわいい作品について、見た人それぞれがどんな感情を持つでしょうか。絵画や彫刻、写真、工芸の幅広い分野にわたって、上越弁で言うところの「ばっか かわいい」美術を紹介します。

小林古径「丘」
小林古径「丘」
内田邦夫「印花文大壺」
内田邦夫「印花文大壺」
加山又造「蝶(ペルシャ猫)」(Jマテ.ホールディングス株式会社寄託)
加山又造「蝶(ペルシャ猫)」(Jマテ.ホールディングス株式会社寄託)
柴田長俊「一華」
柴田長俊「一華」
鳥海青児「埴輪」
鳥海青児「埴輪」
磯野霊山「布袋図」
磯野霊山「布袋図」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る