「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」高岡市美術館

「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」高岡市美術館

名称:「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」高岡市美術館
会期:2023年3月18日(土)〜5月7日(日)
開館時間:9:30~17:00
   ※最終入場は16:30まで
   ※3/18(土)は10:30から開場
料金:一般:1,200円(前売・団体・シニア900円)、大学生・高校生:700円(団体560円)、中学生以下無料
休館日;月曜日(月曜日が祝・休日の場合は翌平日)※ただし5/1(月)は臨時開館
会場:高岡市美術館
住所:〒933-0056 富山県高岡市中川1-1-30
TEL:0766-20-1177
URL:高岡市美術館

「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」高岡市美術館
「ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡」高岡市美術館

芸術家、詩人、思想家など多彩な分野で活躍したウィリアム・モリス。中でも、「アーツ・アンド・クラフツ運動」を先導し、芸術と日常生活の統合を目指したことで知られる。モリスと仲間たちによって手掛けられた壁紙や織物、書籍や椅子などのインテリア約80点に、写真家・織作峰子氏が撮影したモリスゆかりの建築物や英国の風景などの写真約20点を組み合わせ、モリスのデザインの軌跡をたどる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る