「オマージュTAKARAZUKA 春 プリマヴェーラ」宝塚市立文化芸術センター

マツモトヨーコ《Room no.》2022年、水彩紙・アクリル・アクリルガッシュ・色鉛筆・コラージュ

名称:「オマージュTAKARAZUKA 春 プリマヴェーラ」宝塚市立文化芸術センター
会期:2023年4月7日(金)〜2023年5月7日(日)
会場:宝塚市立文化芸術センター
時間:10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日:水曜日 
   ※但し、 5月3日(水・祝)は開館
観覧料:一般(高校生以上) 800円
   中学生以下 無料
   ※障がい者手帳提示でご本人様、付添の方1名まで無料
住所:〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-64
TEL:0797-62-6800
URL:宝塚市立文化芸術センター

小野さおり《Mother》2023年、油彩・キャンバス
小野さおり《Mother》2023年、油彩・キャンバス

本展は「花・生命・春」をテーマに、日本全国から招待した若手から中堅、ベテランのアーティスト12名による現代アートの祝祭です。
展示会の名称にある“プリマヴェーラ”は「春」を意味するイタリア語で、ルネサンスの巨匠サンドロ・ボッティチェッリの代表作「春 プリマヴェーラ」から着想しています。長い冬に耐えて春を迎えるように、コロナ禍後の新しい世界を夢みて、宝塚へのオマージュ(捧げるもの)を形にしました。
また、4月上旬は近くにある桜の名所・花のみちの桜も満開の頃。宝塚の美しい自然とアートを存分にお楽しみください。

荒木由香里《Gold》2021年、ミクストメディア/Photo by Yoshihiro Ozaki(DARUMA)
荒木由香里《Gold》2021年、ミクストメディア/Photo by Yoshihiro Ozaki(DARUMA)
片山みやび《ここに花ある》2022年、キャンバスにアクリル・油彩・ガラス/©2022 Miyabi Katayama
片山みやび《ここに花ある》2022年、キャンバスにアクリル・油彩・ガラス/©2022 Miyabi Katayama
川口奈々子《Hide and seek》2022年、油彩・キャンバス/Photo by Yuta Geshi
川口奈々子《Hide and seek》2022年、油彩・キャンバス/Photo by Yuta Geshi
マツモトヨーコ《Room no.》2022年、水彩紙・アクリル・アクリルガッシュ・色鉛筆・コラージュ
マツモトヨーコ《Room no.》2022年、水彩紙・アクリル・アクリルガッシュ・色鉛筆・コラージュ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る