「みどり市の小学校-開校150年記念・新設記念-」みどり市大間々博物館

「みどり市の小学校-開校150年記念・新設記念-」みどり市大間々博物館

名称: 「みどり市の小学校-開校150年記念・新設記念-」みどり市大間々博物館
会期:2023年2月18日〜2023年4月9日
会場:みどり市大間々博物館
入場料:一般  個人200円、団体160円
   小・中学生  個人50円、団体30円
   ※団体は20名以上
   ※身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)/年末年始(12月28日~翌年1月4日)
住所:〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1030
TLE:0277-73-4123
URL:みどり市大間々博物館

明治5(1872)年8月に学制が公布され、学区に基づいて全国に小学校が設置されることが定められました。みどり市東町の花輪小学校は市内で最も早く、明治6年5月に開校しており、昭和6(1931)年に建て替えられた校舎は国登録有形文化財に指定されています。今年で開校150周年を迎えますが、一方で、みどり市では令和4(2022)年に笠懸西小学校とあずま小中学校が開校するという新しい動きもありました。
本展では、明治から昭和時代にかけての市内小学校に関する資料を展示します。卒業証書や学習帳、修学旅行のしおりや写真、足踏みオルガンなどを通じ、当時の小学生の学校生活を垣間見てみましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る