「新宮 州三 木漆展」日本橋高島屋S.C.(本館)

大椀(H10.3×D14.0cm)

名称:「新宮 州三 木漆展」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2023年3月29日(水)→4月3日(月)
会場:本館6階 美術工芸サロン
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310 本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

1973年兵庫県神戸に生まれた木工作家、新宮州三氏は、石川県立輪島漆芸技術研修所で学び、その後、村山明氏に師事しました。
現在は京都を拠点に精力的に作家活動を続けています。
鑿(のみ)や鉋(かんな)を使い自由な形を削り出す刳物(くりもの)と呼 ばれる技法を中心に、轆轤(ろくろ)を用いて鉢や椀をつくる挽物など、木目や木の性質を感じとるかのような生活道具を制作し、好評を博しております。
また、木地作りに始まり、漆を使った仕上げまで一貫した制作も魅力です。
今展では、新宮氏の経験や感性から生み出された盆や椀、プレート、茶器などの新作を一堂に展観し、「現代の用の美」を提案いたします。

大椀(H10.3×D14.0cm)
大椀(H10.3×D14.0cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る