「立体切り絵 SouMaの世界展」みやざきアートセンター

「立体切り絵 SouMaの世界展」みやざきアートセンター

名称:「立体切り絵 SouMaの世界展」みやざきアートセンター
会期:2023年3月25日〜2023年5月27日
会場:みやざきアートセンター
開館時間:10:00~18:00 ※最終入場は17:30まで
休館日:4/11(火)・4/18(火)・4/25(火)
入場料:一般 700円
   小中高生 300円
   未就学児/宮崎市内小学生 無料
   小学生以下は保護者同伴で入場可
   団体(10名以上)は当日料金より100円引き
   各種割引は 前売券・他の割引との併用不可
   障害者手帳、療育手帳、ミライロID
   をご提示のご本人に限り無料
住所:〒880-0001宮崎県宮崎市橘通西3-3-27 アートセンタービル3F
TEL:0985-22-3115
URL:みやざきアートセンター

「立体切り絵 SouMaの世界展」みやざきアートセンター
「立体切り絵 SouMaの世界展」みやざきアートセンター

描線を紙から切り抜いてつくる従来の切り絵を超え、立体的に幾重にも層が重なった、複雑で繊細な美しい作品を生み出す立体切り絵作家SouMa。「立体切り絵」とは切り出した紙を折ったり組み立てたりして立体的な作品に仕上げるもので、切り絵と折り紙の魅力を同時に備えています。
 一枚の紙から切り取られて繋がった作品は、下絵や設計図をほとんど組むことなく全て自身の感性を頼りに創作されるため、唯一無二の独創的な作風を特徴としています。作品は平面的なものから立体的なものまで幅広く、近年は大型切り絵作品による空間プロデュースや広告キービジュアルの制作などアートディレクション活動も展開しています。
 本展では、これまでにSouMaが手掛けてきた過去の代表作から未発表作品の最新作まで一堂に展覧します。また今回は、かねてから構想を膨らませていた大型立体切り絵によるインスタレーション作品を制作・展示します。ジェンダーレスをテーマとした繊細かつ大胆な作品は初公開です。
 息をのむほど繊細で美しいSouMaの世界をご堪能ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る