「追憶の歌 日本画家 福井爽人」市立小樽美術館

「追憶の歌 日本画家 福井爽人」市立小樽美術館

名称:「追憶の歌 日本画家 福井爽人」市立小樽美術館
会期:2023年4月29日(土)~7月23日(日)
開館時間:9:30~17:00
会場:市立小樽美術館
住所:〒047-0031 小樽市色内1丁目9-5
TEL:0134-34-0035・FAX:0134-32-2388
URL:市立小樽美術館

ゴールデンウイークの始まる4月29日(土)から、特別展1「追憶の歌―日本画家・福井爽人展」
がスタートします。
福井爽人は、2歳のとき一家で小樽市潮見台に移住、多感な青少年期を小樽で過ごしています。父・貞一は北海道小樽潮陵高等学校の英語教師でした。
やがて藝大進学を果たして日本画を専攻し、平山郁夫のもとで日本美術院に出品を続けました。
その作風は、初期から繊細な叙情性を湛えたものです。
本展は、日本美術院同人(顧問)の福井爽人の故郷での29年ぶりの展覧会となります。
小樽を離れて数十年が過ぎても、思い出は色あせることはなく、その絵画世界には、歴史的な佇まいと海のある小樽で過ごした影響が、詩情豊かに表れています。
展示作品は、2010年以降の代表作に、国内外の旅で描いたパステル・素描を加え、現在辿り着いた新境地を展覧するものです。
小樽とゆかりの深い、福井爽人の芸術をぜひご鑑賞ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る