「解/拆邊界 亞際木刻版畫實踐(脱境界: インターアジアの木版画実践)」東京藝術大学大学美術館

「解/拆邊界 亞際木刻版畫實踐(脱境界: インターアジアの木版画実践)」東京藝術大学大学美術館

名称:「解/拆邊界 亞際木刻版畫實踐(脱境界: インターアジアの木版画実践)」東京藝術大学大学美術
会期:2023年4月28日(金)~2023年5月8日(月)
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:会期中無休
入場料:無料
会場:東京藝術大学 大学美術館・陳列館
住所:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:東京藝術大学大学美術館

近年、アジア各地で木版画による芸術・文化実践が再び注目を集めています。20世紀初頭の中国で魯迅によって始まった近代木版画運動は、民衆自身が社会や現実を表現する運動/方法としてアジア各地に伝播しましたが、20世紀後半になると社会構造やメディア環境の変化により下火となっていきました。しかし、2000年代から2010年代にかけてアジアの芸術家や社会活動家たちの一部は木版画を通じて社会や政治の問題を表現し、文化的直接行動や集団的創造の実験、さらには国境を越えた交流・ネットワークを生み出してきました。
本展は《解/拆邊界亞際木刻版畫實踐(脱境界:インターアジアにおける木版画実践)》と題し、アジア各地から12の作家・活動団体による木版画を紹介します。とりわけ2020年に始まったパンデミックでは、人やモノの移動を一元的に管理する国境の問題や、差別や排外主義などの社会的、心理的な排除や断絶の問題を現前化させました。本展はわたしたちの生きる世界や社会に張り巡らされた「境界」を改めて主題化し、これらの境界からの離脱・解体を志向するトランスナショナルなアジアの木版画実践とそのネットワークについて紹介します。同時に、コロナ期に各地で制作された木版画を比較することで「アジア」という地理的/政治的概念への批判的認識と、さらなる理解・議論の可能性を開くことを目指しています。

会場: 陳列館2階
[関連イベント]

  1. 展示ツアー
    登壇者: 本展企画キュレーター
    日時: 4月28日(金)14:00〜15:00(英語 ※日本語逐次通訳)
    5月6日(土)14:00〜15:00(日本語)
  2. 国際シンポジウム「問題としての境界 – 木版画の実践と経験から -」
    日時: 4月29日(土)12:00〜17:30
    会場: 東京藝術大学 国際交流棟 (Hisao&Hiroko TAKI PLAZA) 3階 コミュニティ・サロン
    使用言語: 英語 (※一部日本語での要約有)
  3. 木版画ワークショップ
    日時: 5月7日(日)13:00〜17:00
    会場: 陳列館2階
    講師: A3BC、その他出品作家
    参加費: 無料(当日受付・席数制限有り)
    ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る