「マリー・ロージー展」アールグロリュー銀座

「歓びのひと時 #ダ・ヴィンチ」

名称:「マリー・ロージー展」アールグロリュー銀座
会期:2023年5月18日(木)→5月24日(水)
開館時間:10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
住所:〒104-0061東京都中央区銀座六丁目10番1号 GINZA SIX 5F
TEL:03-3572-8886
URL:アールグロリュー銀座

「猿まね小僧たち」
「猿まね小僧たち」

1961年フランス・マルセイユ生まれ。
パリのエコール・デ・ボザール卒業後はヨーロッパ各地の画廊で作品を発表。
また、画家活動と並行してパリの公立小学校の美術教師を30年以上勤めています。
「近代絵画の父」ポール・セザンヌを高祖父にもつロージーの絵画は、自身のルーツやフランス絵画の伝統への敬意も払いつつ、現代社会の問題(環境、動物愛護、コロナ禍など)へのメッセージを込めた作品が特徴です。
フランスでは「予測不可能」な画家と評されるロージーの多様なモチーフ(人物、集団、動物、静物、古典絵画へのオマージュ)を描いた原画約40点をご紹介いたします。
1961年、フランス、マルセイユ生まれ。
1980年、パリに所在する350年の歴史を持ち多くの著名な建築家、画家、彫刻家を輩出してきた特別高等教育機関エコール・デ・ボザールを卒業。
卒業後、ヨーロッパ各地のギャラリーで作品を発表し続けている。
2018年 中国の北京、上海、広州で中国・フランス文化交流50周年を記念して巡回展を開催し大きな反響を呼ぶ。
2019年 パリ、オランジュリーの公的なギャラリーで展覧会を開催。
子供向けの教育本『Cut, Stick, Draw(切る、貼る、線を引く)』を刊行。
画家としての活動と並行して、1989年よりパリの公立の小学校Chomel public school で絵画の教鞭もとる。
高祖父は『近代絵画の父』ポール・セザンヌ。

「トーク イン カラー」
「トーク イン カラー」
「高祖父セザンヌと私」(特別展示)
「高祖父セザンヌと私」(特別展示)
「大好きな林檎」
「大好きな林檎」
「とまり木を伸ばす」
「とまり木を伸ばす」
「歓びのひと時 #ダ・ヴィンチ」
「歓びのひと時 #ダ・ヴィンチ」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る