「第46回 土屋典康作陶展」西武池袋本店

鉄砂手付花瓶 サイズ:径22.5×高さ31.5cm

名称:「第46回 土屋典康作陶展」西武池袋本店
会期:2023年6月28日(水)~7月4日(火)
会期:6階(中央B8)=美術画廊
入場料:無料
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目28−1
TEL:03-3981-0111(代表)
URL:西武池袋本店

静岡県伊豆下田で作陶を続ける土屋典康先生の46回目の個展を開催いたします。土屋先生は、民芸の巨匠・島岡達三氏に師事し研鑽を積む一方で、プリミティヴ・アートにも触発され、民芸陶器の域を脱した独自の世界観を確立しています。
また韓国では磁器の制作法も取得し、駆使する技法も多岐に及んでいます。確かな技法によって生み出される作品の数々をお楽しみください。
[土屋 典康 profile]
1945年 東京都目黒区に生まれる
1968年 早稲田大学卒業 人間国宝・島岡達三氏に師事
1971年 静岡県・伊豆下田に築窯 独立
1977年 西武池袋本店にて第一回個展開催(以降毎年開催)
1987年 韓国肝一窯にて研修
1991年 国画会展にて会友優作賞
2001年 ボストン・パッカーギャラリーにて第一回個展
現在 国画会会員
主なパブリックコレクション
◆ワシントン/フリア・サクラーミュージアム、スミソニアン
◆マサチューセッツ/ハーバード大学・サクラーミュージアム、ボストン美術館、ピーボディーエセックスミュージアム
◆カリフォルニア/ミンゲイインターナショナルミュージアム
◆大阪/大阪日本民芸館
◆ロンドン/ヴィクトリアアンドアルバートミュージアム

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る