深作秀春 「眼脳芸術論展~眼科学と脳科学から解き明かす絵画の世界~ ドガ編」Hideharu Fukasaku Gallery Yokohama

深作秀春 「眼脳芸術論展~眼科学と脳科学から解き明かす絵画の世界~ ドガ編」Hideharu Fukasaku Gallery Yokohama

名称:深作秀春 「眼脳芸術論展~眼科学と脳科学から解き明かす絵画の世界~ ドガ編」Hideharu Fukasaku Gallery Yokohama
会期:2023年7月3日(月)~2023年7月13日(木)
開館時間:10:00 〜 19:00 最終日は17:00まで
休館日:土曜日、日曜日、祝日
入場料:無料
会場:Hideharu Fukasaku Gallery Yokohama
住所:〒220-0003 神奈川県横浜市西区楠町5-1 深作眼科ビル1F
TEL:045-325-0081
URL:Hideharu Fukasaku Gallery Yokohama

当ギャラリーを含む、病院、レストラン、眼鏡店などを総括する深作秀春氏の展覧会を開催いたします。深作氏は、眼科外科医として世界の第一線で活躍しながら、芸術家としても創作活動を展開し、多種多様な表現で独自の世界を描いています。2023年頭に大変好評でした白内障に冒されたモネについての展示「眼脳芸術論展」。今回はリクエストにお答えし「眼脳芸術論展ドガ編」として視力を失いつつも制作し続けたドガについての展示をいたします。深作氏の著書「眼脳芸術論」とは2012年〜2014年美術雑誌「美術の窓」に連載した「眼と脳がアートを創造流」を加筆修正した本です。人は差別なく、歳を追うごとに視力が衰えます。芸術家も同様に様々な眼病に悩まされています。深作氏は自ら現地を訪れ、作家の処方箋資料に目を通して、制作年代のわかる作品の眼病前後の違いや変化を解説しています。通常の美術評論とは異なり、現役の世界的眼科外科医深作氏が医学的な見地に立って、芸術論をまとめた非常に興味深い書籍です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る