「大きな字」成田山書道美術館

「大きな字」成田山書道美術館

名称:「大きな字」成田山書道美術館
会期:2023年7月1日(土)~2023年8月20日(日)
会場:成田山書道美術館
開館時間:9:00 〜 16:00
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
   展示替期間・年末休館
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下 無料
住所:〒286-0023千葉県成田市成田640 成田山公園内
TEL:0476-24-0774
URL:成田山書道美術館

白川静氏の『字統』によれば「大」の字は人の正面形にかたどるものとされています。さらに字の成り立ちを解説した最古の字典『説文解字』では天・地・人はともに「大」であり、人の形を表すものだと説いています。「大」という字が特別な存在であることを指し示す好例ではないでしょうか。私たちは古から大きなものに憧れや畏敬の念を抱いてきました。
大壁面に刻された摩崖碑や建造物に掲げられた扁額の大きな字に魅了された経験は、多くの方がお持ちのことだと思います。字はもとより、作品が存在する空間や背景に書の奥行きを感じさせる魅力があるのでしょう。
かつて手紙や床の間の掛け軸として親しむことが多かった書は、現代の様式の変化により大きな展覧会場で鑑賞することが多くなりました。大きな字への希求は以前より強いものになってきているといえるのではないでしょうか。
本展では、古今の「大きな字」の優品を一堂に展覧します。当館の大きな展示場で「大きな字」の優品を存分にお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る