「MADE IN OCCUPIED JAPAN② 海を渡った洋食器」城西国際大学水田美術館

「MADE IN OCCUPIED JAPAN② 海を渡った洋食器」城西国際大学水田美術館

名称:「MADE IN OCCUPIED JAPAN② 海を渡った洋食器」城西国際大学水田美術館
会期:2023年6月27日(火)〜7月29日(土)
開館時間:10:00~16:00
料金:入館無料
休館日:日曜日、月曜日
会場:城西国際大学水田美術館
住所:〒283-8555 千葉県東金市求名1番地 城西国際大学
TEL:0475-53-2562
URL:城西国際大学水田美術館

「MADE IN OCCUPIED JAPAN② 海を渡った洋食器」城西国際大学水田美術館
「MADE IN OCCUPIED JAPAN② 海を渡った洋食器」城西国際大学水田美術館

戦後のGHQ占領下、民間貿易が再開された1947年(昭和22)から1952年まで、日本の輸出品には「Made in Occupied Japan(占領下の日本製)」と刻印することが義務付けられました。おもにアメリカに向けて陶磁器や漆芸品、金工品、おもちゃ、カメラなど、様々な製品が輸出され、近年では、刻印のある製品はコレクターズアイテムとなって親しまれています。
このたびの展覧会では、コレクターより寄贈されたオキュパイドジャパンコレクションお披露目の第二弾として、洋食器を展示します。大正以降、外貨獲得の主力商品として海を渡った和製洋食器は、アメリカ人の好むスタイル、最新の流行を取り入れて人気を得、ノリタケのような世界的なブランドも生まれます。洋食器の輸出は、第2次大戦中の中断を経て戦後いち早く再開され、貿易再建を支えました。ヨーロッパの食文化の中で生み出されたディナーセット、コーヒーカップやデミタスカップ、ソルト&ペッパーなど、アメリカの一般家庭の食卓を彩り、およそ70年ぶりに日本に帰ってきた洋食器の数々をお楽しみください。

https://youtu.be/wKYaFhY7E_o

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る