「美術館の悪ものたち」国立西洋美術館

「美術館の悪ものたち」国立西洋美術館

名称:「美術館の悪ものたち」国立西洋美術館
会期:2023年6月27日(火)~2023年9月3日(日)
会場:国立西洋美術館
開館時間:9:30 〜 17:30
   金曜日・土曜日は20:00まで
   ※入室は閉室の30分前まで
休館日:月曜日
   7月18日は休館
   7月17日、8月14日は開館
入場料:一般 500円、大学生 250円、高校生以下及び18歳未満・65歳以上・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
住所:〒110-0007  東京都台東区上野公園7番7号
TEL:050-5541-8600
URL:国立西洋美術館

国立西洋美術館には「悪ものたち」がたくさんいます。もちろん、職員のことではありません。当館が所蔵する作品のなかの話です。お金に目がくらむ若者、若い女性にうつつを抜かし、あるいは嫉妬する老人、盗人、等々。悪魔や魔女といった悪を象徴する存在や、その手先たちもうごめいています。そして私たちが何よりも恐れる「死」は、いかにも悪ものらしい憎々しげな骸骨として、あらゆる時代の作品に登場します。
これら(人間に限らぬ)悪ものたちは忌むべき存在のはずですが、画面のなかでは個性あふれる、時にコミカルな姿で表わされ、しばしば善人や天使、聖人たちよりも魅力を放っています。私たちは描かれた悪ものたちに、芸術家の空想のはばたきを感じ、楽しむことができるでしょう。
ところで、はるか昔に描かれた「悪」や「正しくないこと」には、現代と共通することもあれば、理解に苦しむこともあります。人を殺したり、嫉妬したりといったことは私たちにとっても「悪」や「良くないこと」ですが、たとえば「大食い」が罪とされるのには違和感を覚えるのではないでしょうか。善悪の線引きは、不変の場合もあれば、時代や地域、つまり社会によって揺れ動く場合もあります。悪ものたちの多様な姿を通じて、かつての西洋の価値観の一端にも触れてください。版画数十点に加え、絵画数点を展示予定です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る