「磯野宏夫展 -生命(いのち)輝く森-」稲沢市荻須記念美術館

「磯野宏夫展 -生命(いのち)輝く森-」稲沢市荻須記念美術館

名称:「磯野宏夫展 -生命(いのち)輝く森-」稲沢市荻須記念美術館
会期:2023年7月1日(土)〜8月20日(日)
会場:稲沢市荻須記念美術館
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:一般800円(640円)
   高校・大学生600(480)円
   小・中学生100円(80円)※稲沢市内の小・中学生は無料
   ※()内は20名以上の団体又は割引料金。
休館日:月曜日(7月17日(月曜日・祝日)は開館)、7月18日(火曜日)・19日(水曜日)
住所:〒492-8217 愛知県稲沢市稲沢町前田365-8
TEL:0587-23-3300
URL:稲沢市荻須記念美術館

稲沢市出身の磯野宏夫(1945-2013)は20代後半に熱帯雨林に魅せられて以来、「生命(いのち)の森」を生涯のテーマとして制作を続けた画家です。個展等での作品発表のほか、教科書の表紙絵や企業のポスターなども手掛けて全国的に活躍しました。
本展では、磯野が1999年から2002年までに手掛けた王子製紙株式会社(現:王子ホールディングス株式会社)のカレンダー原画すべてを一堂に展示します。同社が保有する世界各地の森林を実際に訪問して制作した作品には、その土地固有の生命力溢れる森が描かれ、季節ごとの日差しの具合や温度までをも感じ取れるようです。
また、磯野の作品世界を広く紹介するため、ゲームソフト「聖剣伝説」の原画や晩年の作品など49点を展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る