企画展示「創作において自由なる競創―19、20世紀の芸術家とポスター」群馬県立近代美術館

企画展示「創作において自由なる競創―19、20世紀の芸術家とポスター」群馬県立近代美術館

名称:企画展示「創作において自由なる競創―19、20世紀の芸術家とポスター」群馬県立近代美術館
会場:2023年9月16日(土)から 11月12日(日)
開館時間:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
会場:展示室1
観覧料:一般800円、大高生400円
   20名以上の団体割引料金 一般640円、大高生320円
   注:中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、群馬県民の日(10月28日)に観覧される方は無料
主催:群馬県立近代美術館
企画協力:創絵社
住所:〒370-1293群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL: 027-346-5560
URL : 群馬県立近代美術館

企画展示「創作において自由なる競創―19、20世紀の芸術家とポスター」群馬県立近代美術館
企画展示「創作において自由なる競創―19、20世紀の芸術家とポスター」群馬県立近代美術館

 19世紀に興隆したポスターに新しい表現の可能性をみいだした芸術家たちは、互いに競うように、観る人の印象に残る、想像力豊かで、ときに遊び心のある作品を創り出し、やがては自らの個展や出版物の告知など、自己宣伝にも活用していきます。さらに20世紀半ばには、高い技術と芸術性をあわせ持つ印刷所ムルロ工房が、美術館や画廊の展覧会ポスター制作を担い、芸術と広告の領域をさらに融合させていきました。この展覧会では、約160点の作品により、シェレ、ミュシャ、ビアズリーら19世紀の先駆者たちの試み、20世紀の巨匠たちシャガール、マティス、ピカソ、ミロ、ダリらによるポスター芸術の確立と、戦後の展開をたどります。色鮮やかで心躍るポスターの競演を、どうぞお楽しみください。
出品作家(アルファベット順):
オーブリー・ビアズリー、ピエール・ボナール、ジョルジュ・ブラック、ヴィクトル・ブローネル、ベルナール・ビュフェ、アレクサンダー・カルダー、アドルフ・カッサンドル、マルク・シャガール、ジュール・シェレ、ジャン・コクトー、ポール・コラン、サルバドール・ダリ、ジョルジュ・ド・フール、ロベール・ドローネー、アンドレ・ドラン、ジャン・デュビュッフェ、ラウル・デュフィ、マックス・エルンスト、藤田嗣治、アルベルト・ジャコメッティ、イヴ・クライン、マリー・ローランサン、フェルナン・レジェ、アンドレ・マッソン、アンリ・マティス、ジョアン・ミロ、ヘンリー・ムーア、アルフォンス・ミュシャ、パブロ・ピカソ、マン・レイ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 他

オーブリー・ビアズリー《『子供の本』(T.フィッシャー・アンウィン社)の宣伝ポスター》1894年、石版画
オーブリー・ビアズリー《『子供の本』(T.フィッシャー・アンウィン社)の宣伝ポスター》1894年、石版画
ピエール・ボナール《『ラ・ルヴュ・ブランシュ』誌》1894年、石版画
ピエール・ボナール《『ラ・ルヴュ・ブランシュ』誌》1894年、石版画
マリー・ローランサン《最初のルノー車》1936年、石版画
マリー・ローランサン《最初のルノー車》1936年、石版画
アンリ・マティス《ポンパドール夫人 パリ装飾美術学校の舞踏会》1951年、石版画
アンリ・マティス《ポンパドール夫人 パリ装飾美術学校の舞踏会》1951年、石版画
フェルナン・レジェ《ルイ・カレ画廊での展覧会ポスター》1953年、石版画
フェルナン・レジェ《ルイ・カレ画廊での展覧会ポスター》1953年、石版画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る