第38回国民文化祭 第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭 2023「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ―麗しき美の煌めき―」石川県立美術館

第38回国民文化祭 第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭 2023「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ―麗しき美の煌めき―」石川県立美術館

名称:第38回国民文化祭 第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭 2023「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ―麗しき美の煌めき―」石川県立美術館
会期:2023年10月14日(土)~2023年11月26日(日)
   前期展示:10月14日(土)~11月5日(日)
   後期展示:11月7日(火)~11月26日(日)
会場:石川県立美術館
時間:9:30~18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日:11月6日(月)は展示替休館
観覧料:2館共通券
   一般 1,500円(1,200円)
   大学生 1,000円(800円)
   ※高校生以下、18歳未満、障害者手帳を提示の方とその付添者(1名)は無料
   ※( )内は20名以上の団体料金・割引料金
   ※65歳以上の方は団体料金・割引料金
   ※いしかわ文化の日(10月15日)、文化の日
   (11月3日)は団体料金・割引料金
主催:石川県立美術館、国立工芸館、いしかわ百万石文化祭 2023 実行委員会、宮内庁、文化庁、独立行政法人国立文化財機構
共催:北國新聞社
特別協力:紡ぐプロジェクト、読売新聞社、公益財団法人前田育徳会
住所:〒920-0963石川県金沢市出羽町2-1
TEL:076-231-7580
URL:石川県立美術館

第38回国民文化祭 第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭 2023「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ―麗しき美の煌めき―」石川県立美術館
第38回国民文化祭 第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭 2023「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川 ―麗しき美の煌めき―」石川県立美術館
《扇面散屏風》俵屋宗達〈隻替あり〉 17世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
《扇面散屏風》俵屋宗達〈隻替あり〉 17世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示

石川県立美術館と国立工芸館は今秋、皇室ゆかりの美術工芸品などを収蔵・展示する皇居三の丸尚蔵館の収蔵品による展覧会を開催します。本展は、石川県で行われる「いしかわ百万石文化祭 2023」のメイン行事として開催するもので、三の丸尚蔵館の収蔵品のなかから石川ゆかりの作品と、名品の数々を厳選して紹介します。
まず石川ゆかりの作品では、旧加賀藩主前田家から皇室に献上された国宝《金沢本万葉集》、八条宮智忠親王に嫁いだ前田利常の娘・富姫の婚礼調度と伝える狩野探幽《源氏物語図屏風》、そして石川出身の近代工芸の名工である諏訪蘇山(初代)《青磁鳳雲文花瓶》や松田権六《鷺蒔絵筥》をはじめとする多彩な作品が並びます。
また収蔵の名品では、伊藤若冲の代表作・国宝《動植綵絵》*や、明治時代の金工の最高水準を示す海野勝珉《太平楽置物》、そして皇太子(昭和天皇)の御成婚を祝して献上された《鳳凰菊文様蒔絵飾棚》など、優美で気品あふれる作品を紹介します。
三の丸尚蔵館の収蔵品による展覧会は現在各地で開催されていますが、2館合同での開催は、全国初の試みです。第1会場の石川県立美術館では絵画や彫刻、書跡、刀剣を中心に、第2会場の国立工芸館では工芸を紹介し、その他にも石川県立美術館、国立工芸館、公益財団法人前田育徳会所蔵の関連作品を加えた、国宝・重要文化財を含む約120点という最大規模での展示となります。
*は石川県立美術館で、 **は国立工芸館で展示予定。会期中、展示替えがあります。

《源氏物語図屏風》狩野探幽 1642年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
《源氏物語図屏風》狩野探幽 1642年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
《唐花唐草文象嵌花盛器》 金沢銅器会社 1891年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
《唐花唐草文象嵌花盛器》 金沢銅器会社 1891年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
国宝《動植綵絵 群鶏図》伊藤若冲 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《動植綵絵 群鶏図》伊藤若冲 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《動植綵絵 牡丹小禽図》伊藤若冲 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《動植綵絵 牡丹小禽図》伊藤若冲 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《春日権現験記絵》巻八 高階隆兼〈場面替あり〉 1309年頃 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
国宝《春日権現験記絵》巻八 高階隆兼〈場面替あり〉 1309年頃 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
《群獣図屏風》円山応挙〈隻替あり〉 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
《群獣図屏風》円山応挙〈隻替あり〉 18世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で通期展示
国宝《金沢本万葉集》巻第二 藤原定信 12世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《金沢本万葉集》巻第二 藤原定信 12世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《金沢本万葉集》巻第六 藤原定信 12世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《金沢本万葉集》巻第六 藤原定信 12世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で前期展示
国宝《喪乱帖》[原跡]王羲之 [搨摸]7-8世紀・[原跡]4世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《喪乱帖》[原跡]王羲之 [搨摸]7-8世紀・[原跡]4世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《孔侍中帖》[原跡]王羲之 [搨摸]7-8世紀・[原跡]4世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《孔侍中帖》[原跡]王羲之 [搨摸]7-8世紀・[原跡]4世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で後期展示
《刀(名物 若狭正宗)》 14世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
《刀(名物 若狭正宗)》 14世紀 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《刀(名物 太郎作正宗)》 14世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で後期展示
国宝《刀(名物 太郎作正宗)》 14世紀 前田育徳会収蔵/石川県立美術館で後期展示
《扶桑第一峰》横山大観 1928年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示
《扶桑第一峰》横山大観 1928年 三の丸尚蔵館収蔵/石川県立美術館で前期展示

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る