「月丘夢路 井上梅次 100年祭」国立映画アーカイブ

「月丘夢路 井上梅次 100年祭」国立映画アーカイブ

名称:「月丘夢路 井上梅次 100年祭」国立映画アーカイブ
会期:2023年8月22日(火)~2023年11月26日(日)
会場:国立映画アーカイブ
時間:11:00~18:30 (最終入場時間 18:00)
休館日:月曜日および9月5日(火)~8日(金)、
    9月26日(火)~10月1日(日)
観覧料:一般 250円(200円)
    大学生 130円(60円)
    65歳以上、高校生以下及び18歳未満、障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
    ※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます
    ※( )内は20名以上の団体料金です
    ※学生、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものを要提示
    ※国立映画アーカイブが主催する上映会の観覧券(オンラインチケット「購入確認メール」またはQRコードのプリントアウト)の提示で、1回に限り団体料金が適用されます
    ※2023年11月3日(金・祝)「文化の日」は、無料で観覧できます
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
TEL: 050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL:国立映画アーカイブ

「月丘夢路 井上梅次 100年祭」国立映画アーカイブ
「月丘夢路 井上梅次 100年祭」国立映画アーカイブ

宝塚歌劇団から映画界に入り、美貌と優れた演技力を併せ持つトップスターの地位を築いたのちも、主演・助演を問わず数多くの作品に出演して息長く活躍した女優・月丘夢路(1921-2017)。そして新東宝を皮切りに大手6社11系統すべての撮影所でメガフォンをとり、観客を惹きこむ娯楽性に富んだ作品を次々に送り出して映画界を潤し、後にはその手腕を買われて香港映画にも招かれた映画監督・井上梅次(1923-2010)。黄金期の映画界で出会った二人は1957年に結婚、日本映画界屈指の名カップルとしても知られました。
夫妻の生誕100周年を記念して開催する本展覧会「月丘夢路 井上梅次 100年祭」は、井上・月丘映画財団の特別協力のもと、二人が遺した作品資料や個人資料を一挙に公開し、人々の心をつかみ、映画界の発展にも貢献した夫妻の映画人生をたどります。幅広いジャンルにわたり、エンターテインメントとしての映画に生きた二人の映画人の華麗なる軌跡にご注目ください。

月丘夢路 1950年代 井上・月丘映画財団所蔵
月丘夢路 1950年代 井上・月丘映画財団所蔵
井上梅次・月丘夢路夫妻 1960年頃 井上・月丘映画財団所蔵
井上梅次・月丘夢路夫妻 1960年頃 井上・月丘映画財団所蔵
井上梅次 1964年頃 井上・月丘映画財団所蔵
井上梅次 1964年頃 井上・月丘映画財団所蔵
『火の鳥』(1956年、井上梅次監督)撮影スナップ 国立映画アーカイブ所蔵 (日活株式会社旧蔵)
『火の鳥』(1956年、井上梅次監督)撮影スナップ 国立映画アーカイブ所蔵 (日活株式会社旧蔵)
月丘夢路後援会「夢路会」会報『夢』1956年 井上・月丘映画財団所蔵
月丘夢路後援会「夢路会」会報『夢』1956年 井上・月丘映画財団所蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る