「小島憲二 個展」ギャラリー桃青

「小島憲二 個展」ギャラリー桃青

名称:「小島憲二 個展」ギャラリー桃青
会期:2023年09月01日(金) 〜 2023年09月30日(土)
会場:ギャラリー桃青
時間:11:00~18:00(最終日は16:00まで)
休館日:日・月曜日
料金:無料
住所:〒604-8334 京都府京都市中京区猪熊通三条下る三条猪熊町645番-1
電話:075-585-5696
URL:ギャラリー桃青

陶芸作家、小島憲二さんの個展です。伊賀焼の代表的作家である小島さんは、赤松を燃料に四昼夜1300度で焼成する古典的な伊賀焼を範としつつ、今を感じることのできるカタチの表現にも精力的に取り組んでいます。その作品は、伊賀焼固有の魅力に加え、ダイナミックかつ繊細な印象を醸し出し、独特な世界観に思わず引き込まれます。
今展では、茶碗や酒器、花入、オブジェなど新作約50点を展示いたします。作家独自の造形感覚で表現した幅広い作品群をこの機会にぜひご高覧ください。
私の仕事は、赤松を燃料に四昼夜1300度で焼く古典的な伊賀焼を範としておりますが、今を感じるカタチの伊賀が焼ければと思っております。
今展「風を孕む(はらむ)」シリーズ、多面によるカタチを追求した表現、そして、白、黄、黒、の色釉を使って「月(つき)」にまつわる情景をカタチに現しました。この作品は題名から情景を想像して頂けると楽しいと思います。(小島)
小島憲二
1935年、愛知県知多市生まれ。1972年愛知県立常滑高校窯業科卒業後、1974年より備前焼の三代目小西陶蔵氏に師事。その後窯業会社勤務を経て1979年に伊賀・丸柱に築窯・独立。個人作家として活動を開始する。1988年、沖縄・青砂工芸館にて初個展。その後全国各地で個展を中心に活動。グループ展多数。
主な受賞歴に朝日陶芸展、中日国際陶芸展、日本陶芸展、陶芸ビエンナーレ展等。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る