「横浜再発見!アトリエ21 三人展  上田 耕造・岡田 髙弘・広田 稔〈洋画〉」横浜高島屋

広田 稔「港に遊ぶ(M20号、キャンバスに油彩)」

名称:「横浜再発見!アトリエ21 三人展  上田 耕造・岡田 髙弘・広田 稔〈洋画〉」横浜高島屋
会期:2023年9月6日(水)→9月11日(月)
会場:7階 美術画廊
住所:〒220-8601横浜市西区南幸1丁目6番31号
TEL: 045-311-5111
URL: 横浜高島屋

上田 耕造「薔薇の迷宮(F20号、キャンバスに油彩)」
上田 耕造「薔薇の迷宮(F20号、キャンバスに油彩)」

このたび横浜高島屋では、「アトリエ21三人展-横浜再発見-」を開催いたします。
アトリエ21は東京藝術大学同期である上田 耕造先生・岡田 髙弘先生・広田 稔先生の3名が、互いに刺激しあい研鑽を積む仕事場として1999年に横浜・関内に開設。以降アトリエ21として展覧会での作品発表、絵画教室による地域文化の振興など精力的に活動を続けています。
「横浜再発見」シリーズ5回目となる今展では、横浜を知りつくした3人ならではの横浜・神奈川風景をおひとり約15点展観いたします。
私たちにとって何気ない横浜、身近な横浜が、それぞれの視点と個性溢れる色彩によって素晴らしい情景となる瞬間をこの機会にぜひご高覧賜りますようお願い申しあげます。
■ギャラリートーク「絵になる風景」 9月7日(木)午後1時より開催

岡田 髙弘「風の道(P20号、キャンバスに油彩)」
岡田 髙弘「風の道(P20号、キャンバスに油彩)」
広田 稔「港に遊ぶ(M20号、キャンバスに油彩)」
広田 稔「港に遊ぶ(M20号、キャンバスに油彩)」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る