「版画でひもとく聖書と神話 : デューラーからピカソまで」静岡県立美術館

「版画でひもとく聖書と神話 : デューラーからピカソまで」静岡県立美術館

名称:「版画でひもとく聖書と神話 : デューラーからピカソまで」静岡県立美術館
会期:2023年10月17日(火)~12月10日(日)
開館時間:10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:当日券一般:300円/70歳以上・大学生以下:無料
    団体券一般:200円/70歳以上・大学生以下:無料
    ※企画展観覧券で、本展覧会とロダン館もあわせてご覧いただけます。
    ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。
住所:〒422-8002静岡県静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
URL:静岡県立美術館

ゼバルト・ベーハム『ヘラクレスの事績』より「ヘラクレスとヒュドラ」
当館蔵
ゼバルト・ベーハム『ヘラクレスの事績』より「ヘラクレスとヒュドラ」 当館蔵

西洋の歴史や文化の根幹を成す聖書とギリシア神話を主題とする版画作品をご紹介します。卓越した技術で表現された、絵でたどる物語の世界をお楽しみください。

サルヴァトール・ローザ《イアソンとドラゴン》
当館蔵
サルヴァトール・ローザ《イアソンとドラゴン》 当館蔵
ヘンドリック・ホルツィウス《オケアヌス》
当館蔵
ヘンドリック・ホルツィウス《オケアヌス》 当館蔵
ヘンドリック・ホルツィウス《テテュス》
当館蔵
ヘンドリック・ホルツィウス《テテュス》 当館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る