企画展「徳川家と大名家の美」本間美術館

企画展「徳川家と大名家の美」本間美術館

名称:企画展「徳川家と大名家の美」本間美術館
会期:2023年10月20日(金)~2023年12月11日(月)
会場:本間美術館
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
   11~12月 09:00~16:30(最終入場時間 16:00)
休館日:12月:火・水曜日
観覧料:一般 1,100円(990円)
   高・大学生 500円(450円)
   小・中学生 無料
   ※( )内は15名以上の団体入館料
   ※上記入館料で国指定名勝「本間氏別邸庭園(鶴舞園)」「清遠閣」も観覧できます
住所:〒998-0024山形県酒田市御成町7-7
TEL:0234-24-4311
URL:本間美術館

企画展「徳川家と大名家の美」本間美術館
企画展「徳川家と大名家の美」本間美術館

本間美術館には、昭和22年(1947年)の開館以来、本間家や多くの蒐集家からの寄贈、76年に及ぶ美術館活動の中での収集によって、約3,000件もの幅広いジャンルのコレクションが収蔵されています。
その中には、戦国武将や大名家にゆかりのある書画、茶道具、武具、婚礼調度など、歴史的にも貴重な品々があり、特に、本間家が財政難に苦しむ庄内藩や米沢藩をはじめとする東北諸藩などに大名貸しを行い、財政改革に尽力した功績などによって拝領した名品は必見です。
本展では、現在放送中のNHK大河ドラマ「どうする家康」にあわせ、本間美術館所蔵の徳川家康の手紙をはじめ、家康に連なる徳川家、庄内藩主酒井家、米沢藩主上杉家などの大名家にゆかりのある美術工芸品や歴史資料を紹介します。徳川家や大名家の華やかな美の数々をお楽しみ下さい。

《呉越戦絵巻》 江戸時代前期~中期(17~18世紀)
《呉越戦絵巻》 江戸時代前期~中期(17~18世紀)
《徳川家康書状 出羽侍従 宛》(年未詳)5月4日
《徳川家康書状 出羽侍従 宛》(年未詳)5月4日
《徳川秀忠書状 安藤帯刀 宛》(年未詳)6月24日
《徳川秀忠書状 安藤帯刀 宛》(年未詳)6月24日
《金紋鋏箱》 江戸時代前期~中期(17~18世紀)
《金紋鋏箱》 江戸時代前期~中期(17~18世紀)
《青磁牡丹唐草文大花瓶》 中国・元時代(14世紀)山形県指定文化財
《青磁牡丹唐草文大花瓶》 中国・元時代(14世紀)山形県指定文化財
《割高台茶碗》 朝鮮・朝鮮時代(16世紀)山形県指定文化財
《割高台茶碗》 朝鮮・朝鮮時代(16世紀)山形県指定文化財
《酸漿草・梅鉢紋散若松唐草蒔絵耳盥・輪台》 江戸時代中期(18世紀)
《酸漿草・梅鉢紋散若松唐草蒔絵耳盥・輪台》 江戸時代中期(18世紀)
高嵩谷《須磨・住吉図屏風》(右隻) 寛政6年(1794)酒田市指定文化財
高嵩谷《須磨・住吉図屏風》(右隻) 寛政6年(1794)酒田市指定文化財

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る