「食と現代美術 Part9 —食とアートと人と街—」BankART Station

「食と現代美術 Part9 —食とアートと人と街—」BankART Station

名称:「食と現代美術 Part9 —食とアートと人と街—」BankART Station
会期:2023年11月2日(木)~2023年12月2日(土)
会場:BankART Station
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:会期中無休
入場料:500円
住所:〒231-0003神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2 1階
URL:BankART Station

「食と現代美術 Part9 —食とアートと人と街—」BankART Station
「食と現代美術 Part9 —食とアートと人と街—」BankART Station

「食と現代美術」は、19年前のBankART創設当初より展開している展覧会のシリーズで、今回9回目を迎えます。これまでも、施設内で食をテーマとした作品を展示するほか、周辺店舗にアーティストの作品を展示させていただいたり、アーティストや有識者、周辺店舗のオーナーによるワークショップやトーク、飲食やアートの入り混じったマーケットの運営、街歩きと融合したフルコースの企画、BankART Café & Pubを舞台にした特別メニューシリーズなど、さまざまな形で展開してきました。
この「食と現代美術」の目的は、美術の中にあらわれる、または美術の視線を通して、食文化の中に潜む、プライベート性、地域性、共有性、暴力性、批評性、時代性、空間性などを解きほぐしていくことにあります。「食」というものが日常であっても、「現代美術」は非日常である人々も多くある中、食という普遍的なテーマを美術の視線から逆照射することで、食文化のもつ深さと広がりを浮き彫りにし、またそのことが同時に美術作品の中に潜む普遍的なテーマを表出させていきます。
今回は、横浜ポートサイド地区でおこなわれる「食とアートと人と街」(主催:ヨコハマポートサイド街づくり協議会/運営協力:BankART1929)と会期をあわせて、展示やソフトプログラムを展開する中で、BankART Stationを、食を巡るゆるやかな空間へと転換していきます。
アーティスト
磯崎道佳、大田黒衣美、カブ(深沢アート研究所 緑化研究室)、下寺孝典(TAIYA)、谷本真理、ちぇんしげ、平田守、婦木加奈子、丸山純子、三田村光土里、武藤 勇+(君塚史高+加藤良将+札本彩子)、村田 真、森田浩彰、矢内原充志、ヤング荘、茶室プロジェクト[花升木工社寺建築(茶室)+藤井健司(軸)+丸山純子(花)] 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る