「1970 大阪万博資料展―拡張のセンセーション」多摩美術大学 八王子キャンパス

「1970 大阪万博資料展―拡張のセンセーション」多摩美術大学 八王子キャンパス

名称:「1970 大阪万博資料展―拡張のセンセーション」多摩美術大学 八王子キャンパス
会期:2023年11月23日(木)〜2023年12月9日(土)
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:日曜日
入場料:無料
会場:多摩美術大学 八王子キャンパス アートテーク2F アートアーカイヴセンターギャラリー
住所:〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
TEL:042-679-5697
URL:多摩美術大学 八王子キャンパス

多摩美術大学アートアーカイヴセンターに所蔵されている秋山邦晴と勝見勝旧蔵の資料から、1970年の大阪万博に関する資料を展示いたします。中でも、お祭り広場、鉄鋼館、せんい館という3つのパビリオンを取り上げ、万博の芸術的側面に注目します。
今年度、芸術学科アーカイヴ設計ゼミに所属する学生がパビリオンの計画書や設計図、手書きのノートといった資料の調査を行いました。テクノロジーの発達やテレビの普及率増加に伴い、人々を包み込む「環境」が大きく変化した1970年。大阪万博に関わった芸術家は何を考え、行動したのか、この国家的イヴェントで行われた様々な「実験」が一体どのようなものだったのかを資料を通して明らかにします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る