「「鈴木敏夫とジブリ展」また、会えたね!」愛媛県美術館

「「鈴木敏夫とジブリ展」また、会えたね!」愛媛県美術館

名称:「「鈴木敏夫とジブリ展」また、会えたね!」愛媛県美術館
会期:2023年12月9日(土)~2024年1月28日(日)
会場:愛媛県美術館
時間:9:30~18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日:12月11日(月)、12月18日(月)、12月25日(月)、12月29日(金)~1月1日(月・祝)、1月9日(火)、1月15日(月)、1月22日(月)
観覧料:一般 1,900円(1,700円)
   中高生 1,600円(1,400円)
   小学生 1,100円(900円)
   ※会期を通して、日付指定予約制です
   ※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料です
   ※本展観覧当日に限りコレクション展も観覧できます
   ※未就学児は観覧無料です。団体割引はありません
住所:〒790-0007愛媛県松山市堀之内
TEL:089-932-0010
URL:愛媛県美術館

「「鈴木敏夫とジブリ展」また、会えたね!」愛媛県美術館
「「鈴木敏夫とジブリ展」また、会えたね!」愛媛県美術館

高畑勲・宮﨑駿両監督と共に、世界を代表する数々のアニメーション映画を世に送り出したスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫。
本展では、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫が、幼少期から今まで時代を駆け続けている中で出会った映画作品や書籍を数多く紹介するとともに、スタジオジブリの誕生秘話や、映画の企画・宣伝の裏側を丁寧に紹介していきます。
◆ 鈴木敏夫プロフィール
1948年、名古屋市生まれ。スタジオジブリ・プロデューサー。
慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『アニメージュ』の創刊に参加し、副編集長、編集長を務めるかたわら、高畑勲・宮﨑駿作品の製作に関わる。1985 年にスタジオジブリの設立に参加し、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品をプロデュースする。

©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
©RENGAYA ©Studio Ghibli
撮影:荒木経惟
撮影:荒木経惟

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る