「泥中の蓮(誕生1)」2023年 ©︎Ichiro Tanida, Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

名称:谷田一郎 「蓮華」Akio Nagasawa Gallery Aoyama
会期:2023年12月7日(木)〜2024年1月27日(土)
開館時間:11:00 〜 19:00
   13:00〜14:00は休廊
休館日:日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、祝日
   12月24日〜1月8日は休廊
入場料:無料
会場:Akio Nagasawa Gallery Aoyama
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-12-3 Noirビル2F
TEL:03-6427-9611
URL:Akio Nagasawa Gallery Aoyama

この度、Akio Nagasawa Gallery Aoyamaは、⾕⽥⼀郎個展「蓮華」を開催致します。
⾕⽥は1965年東京⽣まれ。1980年代後半よりイラストレーターやグラフィックデザイナー、CGクリエイターなど様々な分野で活躍の場を広げ、1994年にCGと⾳楽をリンクさせたCD-ROM作品で独⾃の世界観を表現し注⽬を浴びました。その後、CG制作の経験を⽣かして制作したCM「ラフォーレ・グランバザール」シリーズを⽪切りにCMディレクターとして年間30本以上のCM演出を担当、1990年から映像作品を制作し、2018年よりVJ TECHNOVAとしても活動。
2022年より、表現のフィールドを現代美術にフォーカスして活動をしています。
AKIO NAGASAWA GALLERYでは2022年の現代美術家としての初個展「グラフィティ仏陀」以来、⼆度⽬の個展開催となります。本展では、初個展で発表した作品から、より抽象度が増したペインティングを展覧致します。

「泥中の蓮(誕生1)」2023年
©︎Ichiro Tanida, Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
「泥中の蓮(誕生1)」2023年 ©︎Ichiro Tanida, Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

谷田一郎
1965年 東京生まれ
1986年 谷口広樹氏に師事
1987年 ヒロ杉山とNeo-Art Group結成
1992年 タイクーングラフィックス(宮師雄一、鈴木直之)デザインの“ID-JAPAN”にヴィジュアルで参加
1994年 TOWA TEI “TECHNOVA”のCG制作(演出:中野裕之)
1996年 John and Jane Doe Inc.を設立、ラフォーレ・グランバザールのヴィジュアル制作(AD:青木克憲)
2004年 佐藤可士和とART DESIGN 結成
2005年 Graphic Wave 10 谷田一郎・東泉一郎・森本千絵(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
2008年 佐内正史とmini DVD結成
2018年 VJ TECHNOVAとしての活動を始める

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る