「新春万福 吉祥の日本画と工芸」桑山美術館

橋本関雪《寿老人》

名称:「新春万福 吉祥の日本画と工芸」桑山美術館
会期:2024年1月6日(土)〜2月4日(日)
会場:桑山美術館
開館時間:10:00~16:00
料金:一般500円 中高大学生300円
   障がい者手帳お持ちの方および同伴者1名無料
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
住所:〒466-0828愛知県名古屋市昭和区山中町2-12
TEL:052-763-5188
URL:桑山美術館

望月玉溪《芙蓉峰之図》1928年
望月玉溪《芙蓉峰之図》1928年

年賀状の賀詞にも使われる「新春万福(ばんぷく)」とは、新年にあたり多くの幸福が訪れるように願うことを意味します。
新春展ではご来館された皆さまの万福を祈って、一階展示室では新春にふさわしい七福神の寿老人や福禄寿、さらに万歳や小松引きといった新春の歳事のほか、めでたさの象徴として知られる富士山や鯛を描いた作品と共に、長寿や富貴、立身出世など幸福を暗喩する画題の作品を展示します。
二階展示室でも同様に、七福神や鶴などが立体的に形作られた香合や皿などのほか、松竹梅や宝尽しといった文様が絵付された茶碗や水指、菓子器などをご覧いただきます。

吉祥文蒔絵振々香合 江戸時代後期
吉祥文蒔絵振々香合 江戸時代後期
古清水扇面平鉢 江戸時代中期
古清水扇面平鉢 江戸時代中期
橋本関雪《寿老人》
橋本関雪《寿老人》

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る