所蔵品展「フランスに渡った日本人画家」岐阜県美術館

所蔵品展「フランスに渡った日本人画家」岐阜県美術館

名称:所蔵品展「フランスに渡った日本人画家」岐阜県美術館
会期:令和6年1月5日(金)~3月31日(日)
開館時間:10:00~18:00
   ※1月19日(金)、2月16日(金)は20:00まで夜間開館
   ※展示室の入場は、閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(祝・休日の場合は翌平日)
観覧料:一 般 :340(280)円
    大学生 :220(160)円
    高校生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
主催:岐阜県美術館
住所:〒500-8368岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
TEL:058-271-1313
URL:岐阜県美術館

北蓮蔵《コンセルジュ》1929年 油彩、画布 岐阜県美術館蔵
北蓮蔵《コンセルジュ》1929年 油彩、画布 岐阜県美術館蔵

岐阜県美術館ではこのたび、「フランスに渡った日本人画家」を開催します。
フランスにわたり、異国の文化や風土に接する中で、日本人としてのアイデンティティを持ち、新たな表現を見出そうとした画家たちを紹介します。岐阜県ゆかりの画家山本芳翠から北蓮蔵、藤田嗣治、田淵安一、坂倉新平、そして現代の作家までを岐阜県美術館の収蔵品を中心に展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る