「伊藤明美 松永真哉 陶磁器」京都やまほん

「伊藤明美 松永真哉 陶磁器」京都やまほん

名称:「伊藤明美 松永真哉 陶磁器」京都やまほん
会期:2024年01月26日(金) 〜 2024年2月07日(水)
会場:京都やまほん
時間:11:00~18:30
休館日:会期中無休
料金:無料
住所:〒604-0931 京都市中京区榎木町95番地3 延寿堂南館2階(二条通寺町東入)
TEL:075-741-8114
URL: Kyoto yamahon

陶芸作家の伊藤明美さん・松永慎哉さんによる二人展です。
福岡県で作陶される伊藤さんは、原料の採取から釉薬作り、薪窯で焼成までの全工程を自身で行います。地元産にこだわり、手間を惜しまず土と向き合い続ける伊藤さんの作品からは揺るぎない古陶磁への敬意が伺えます。
一方、美濃で茶陶を中心に制作されてきた松永さんは、現在は美濃で培った陶技をもとに歴史ある窯業地であり郷里の熊本県南関町で作陶されています。古い陶片や史跡などの研究を重ね、土の性質や個性を生かした松永さんの作品は、滋味豊かに料理を彩り、美濃焼の悠久の美を感じさせます。
本展では茶道具や酒器、日常使いの器を中心に出展いただきます。それぞれの地で古陶磁を探求する両者の作品が一堂に会します。どうぞご高覧下さいませ。

伊東明美
1964 福岡県に生まれる
1992 福岡県田川高等技術専門校陶磁器科にて陶芸の基礎を学ぶ
1993 有光武元氏に師事
1997 福岡県田川市にて独立
2020 伊藤明美 梶原靖元 三藤るい 三人展 / 京都やまほん
2022 伊藤明美 郷原良成 山岡徹山 三人展 / 京都やまほん
松永慎哉
1964 熊本県に生まれる
1989 東京学芸大学教育学部卒業
1988 愛知県立窯業高等技術専門校修了後、岐阜県土岐市に築窯
2010 熊本に帰郷し、南関町で素月窯を築窯

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る