「絵の展示 髙木 智子 いくつものこっぱ話」LADS GALLERY

「絵の展示 髙木 智子 いくつものこっぱ話」LADS GALLERY

名称: 「絵の展示 髙木 智子 いくつものこっぱ話」LADS GALLERY
会期:2024年2月27日(火)~3月6日(水)
開館時間:12:00 〜 19:00
   最終日は17:00まで
休館日:月曜日
入場料:無料
会場:LADS GALLERY
住所:〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-8-5 淀屋橋クリスビル(正亜ビル)1F
TEL:06-6575-7376
URL:LADS GALLERY

《ふたつの柑橘》2023 watercolor on paper
《ふたつの柑橘》2023 watercolor on paper

こっぱ、
音が好きだな、と思った。
取るに足らない、役立たずの、
なにかのついでに、できてしまったもの。
平らな面に、絵の具をくっつけている。
くっつき方は様々で、乗っかったり
染み込んだり、引っかかり、透け、
隣りの色を押し広げたりする。
モチーフは、どんどん自分に近いものになってきた。
机の上の模様、違う種類の みかん、強い風が吹いていた庭。
しゃがんで見た足元。
目に映ったものごとの、何を見て、何を見逃しただろう。
絵を描く事は、このことを考え続ける助け になっている。
「別々のものはそのままに、ひとつずつ 断片のまま」描く事を集めている。

髙木 智子 / TAKAGI TOMOKO
[個展]
2013 髙木智子 個展 / ギャラリーモーニング(京都)
2015 「視覚は何を見ているのか」/アルトテックギャラリー堀川団地(京都)
2020 「繰り返し帰路」/ COHJU contemporary art(京都)’17
2021 「きのうとよくにてるきょう」/アートコートギャラリー(大阪)
    「思い出される庭」/LADS Gallery(大阪)
2023 「だいじにしている雑草」/ギャラリー恵風(京都)’21, ’19, ’16, ’14
    「すきまにおちているもの 」絵の展示と喫茶/隙間カレー(京都)
[グループ展等]
2018 「15年」/ アートコートギャラリー(大阪)
    11月島 November Island / WINWIN ART 未藝術 (高雄)
2019 ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019 / 京都文化博物館 別館(京都)
    三人展 スリンキー / ギャラリー五十歩 (京都)
2021 FLOWER / ギャラリーモーニング(京都)
2023  植木鉢のある風景展 / ギャラリーモーニング(京都)’17
    オオサカアートフェスティバル Art Exhibition & Fair/大阪府立江之子島文化芸術創造センター(大阪)
2024 新鋭選抜展 / 京都文化博物館(京都)’16,’17

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る